独身パート女・手取り月12万、家を出る。

親子共依存から抜け出して、自分自身の人生を生きよう!貧乏パート&派遣でも楽しく一人暮らしするブログ。

友だちの3兄妹はこう言った。「みんなダメで、みんないい」。

f:id:bipolar-yuri:20200319201910j:plain

なぜ上を目指さないのか。
独身パート女ゆりです。

私の友達には、非正規雇用of独身が多い。20代で接客の仕事をしていたときに友達になった人がほとんど。

友だちがうらやましい

私と同じように友達にもそれぞれ兄妹がいて、でも私と違うのは、90%以上、きょうだい揃って非正規。

「きょうだい揃ってダメだった」っていえるのがうらやましい。分かち合えるから。私の場合は…私だけダメだった。

鹿児島から出てきた友達は、お金がないから姉妹で一緒に暮らしていたり、友だちの3兄妹は実家で年老いたお母さんと長男のお嫁さんの5人暮らし。

友だちの3兄妹

友達(長女・えみちゃん)の3兄妹のお兄さんは元ひきこもりで現ニートなのに結婚してるというなかなかの人。次女は元ヤンで出戻り。お家に遊びに行ったことがあって、お兄さんが言ってた。

「俺らって兄妹3人合わせて1人分の能力しかないねん。でもな、みんなダメで、みんないいと思う。」

私もそう思うよ。

「自分だけダメ」の孤独

妹達のことは大好きだけど、バリキャリで結婚もしてる妹達に、もうコンプレックスを持たずに昔みたいに話すことはできない。

妹達には妹達の大変さがあるんだろうけど、持たざるものに到底理解できることではない。

子供の頃は、努力し続けなければいけなかった。どんなに努力しても愛されないと知ったとき、私はすべてを放棄してしまった。

自分自身のために努力できない人間にとって、努力することしか評価されない環境は、ただただ辛い。

私のまま肯定されたかった

努力しなくても、毎日寝転んでても、マンガばっかり読んでても、お手伝いなんかしなくても、私は私のまま肯定されたかった。

お父さんは大人になってから肯定してくれたけど、私はお母さんがよかった。でも「お母さん」なんて幻だった。

友達の3兄妹の家に遊びに行った日、もう帰るよと言ったら、なぜかお兄さんと妹さんも見送ってくれて、私が見えなくなるまで3人で何か話しながら手を振ってた。

なんだか嬉しくて、悲しかった。3人とも社会からは必要とされてないかもしれないけど、私も必要とされてないけど、

でも私は、世界から無視されても「努力しないと肯定してくれない」ような他人は要らないし、そんな自分も要らない。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村