独身パート女・手取り月12万、家を出る。

親子共依存から抜け出して、自分自身の人生を生きよう!貧乏でも楽しく一人暮らしするブログ。

【毒親対策/人間関係リセット】2つ目の電話番号を手に入れる方法

f:id:bipolar-yuri:20191105211258j:plain
独身パート女ゆりです。ガラケースマホを1台ずつ持っていて、電話番号も2つあります。スマホの電話番号は「心を許した人専用」です。もちろん毒親には絶対に教えません。

繋がりたくなくても繋がってしまう、こんな時代だからこそ2つ目の電話番号があると便利です。手に入れる方法は意外と簡単。

なぜ2つ目の電話番号があると便利なのか?

電話番号を2つ持ちたい理由は様々だと思います。例えば…

毒親の過干渉から逃れたい
・転職したヤバめの会社にガチの個人情報を渡すのが不安
・土日も掛かってくる仕事の電話と距離を置きたい
・プライベートの人間関係をリセットしたい
・どうでもいい人とは(LINEなどでさえ)繋がりたくない

…などなど。また保険加入や引っ越しの場面で「一括見積もり」「資料請求」をする時、サブの電話番号があれば便利です(なぜなら電話勧誘がしつこいので)。そんなわけで、2つ目の電話番号を手に入れる方法を①〜③に分けてみました。

①1台のスマホで2つの電話番号を手に入れたい場合

電話番号の割り当ては基本的にはスマホ1台に1つと考えられます。しかしIP電話(050〜始まる番号)を取得すれば1台のスマホで2つの電話番号を持つことができます。

SMARTalk/楽天コミュニケーションズ(IP電話

IP電話」とはインターネットを利用した電話サービスのことです。SMARTalkは基本料金が月額0円のサービスで、通話料金も30秒8円と通常より安くなっています。インターネット通話なのでwifiなど速度の安定した環境の方が音質は良くなります。
登録方法は公式HPの申し込みフォームから。必要事項を入力し、アプリをダウンロードする必要があります。

(SMARTalk 公式サイト)
ip-phone-smart.jp

スマホ2台持ちが可能な場合

①の050〜のIP電話の番号ではなく080〜始まる番号が欲しい、且つスマホ2台持ちに抵抗がない人は「格安スマホ」がオススメです。以前は「プリペイド携帯」という選択肢もありましたが、現在は防犯面からか各社とも新規申し込みを停止しているようです。

楽天モバイル(格安スマホ

ここでは格安スマホを代表して楽天モバイルを紹介します。格安スマホは大手通信会社の回線を利用した格安携帯電話会社(MVMO)サービスです。楽天モバイルau、ドコモ回線を利用しているため、通話可能エリアは大手キャリアと同様です。

格安スマホを利用するためには、本体端末+simカードが必要です。手持ちの使っていない端末がドコモなどsimフリーに対応していればsimカードを差し替えて使うことができます。

ドコモ以外ならsimロック解除という手続きで格安スマホsimカードが利用できるようになります。楽天モバイル対応端末は公式サイトに掲載されていますので一度ご覧下さい。

私は「simロック解除」の手続きが非常にめんどくさかった&いまいち理解できなかったので、本体とsimカードをセット購入しました。それでも月々の費用は、端末代600円(24回払い)+利用料2000円(通話SIM/3.1Gプラン)→月2600円

といった感じです。私の所有している大手キャリアのガラケーより維持費が安いのです。

申し込み手続きは、楽天モバイルのサイトから行うことが可能です。公的書類や口座番号を用意しておきましょう。



(楽天モバイル 公式サイト)

③クレカや口座がない…けど2つ目の電話番号が欲しい場合

こちらはまだ未成年で親の承諾なしに2台目の契約ができない、住所がない、クレカや銀行口座がないなどの場合です。ちなみに有名なLINE通話(無料)は電話番号が存在しないので、特定の番号にかけることができません。

My 050/ブラステル(旧 050FREE/IP電話)

My 050(旧 050FREE)は月額基本料金0円。固定電話 8.79円/3分、携帯電話19.80円/分と固定電話への通話が安くなっています。IP電話の中でMy050が特徴的なのは、通話料がプリペイド(前払い)式という点です。

クレカを持っていなくても、コンビニからプリペイド式の「ブラステルカード」にチャージしてアカウントを利用できます。

(My 050 公式サイト)
www.brastel.com

ケースバイケースだよね

愛着を持ちたいなら080、こだわりがないなら050と特徴がはっきり出ているように思います。あとは金銭面と手続きの煩雑さも。ちなみに格安スマホは全く仕組みを理解してなくても問題なく使えます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村