独身パート女・手取り月12万、家を出る。

親子共依存から抜け出して、自分自身の人生を生きよう!貧乏でも楽しく一人暮らしするブログ。

節約とストレス(結論なし)

f:id:bipolar-yuri:20191011223708j:plain
大阪駅前ビルのスワンナプームタイ。グリーンカレーランチ980円(増税したかも)。常に薄暗くて良い雰囲気のお店です。おひとりさま多し。
月1~2回は必ず行くくらい大好きでしたが最近は節約生活のためなかなか行けてません(´・_・`)

独身パート女ゆりです。今回はネガティブ日記。

疲れやすいのは節約=ストレスのせい?

なんだか最近、体力はあるのに疲れやすいんですよね。いままで買い物や外食でストレス解消していたのを、一人暮らしの節約生活で解消できなくなったからでしょうか。

そもそも、「いままで」と言っていますがなぜ私はパートなのにこんなにストレスが溜まっているのでしょうか。これは大問題です。

人間関係も良く、定時に上がり、責任もない気楽な身分のはずです。本来ならたいしたストレスもなくアフター5は自分の好きなことをして過ごすのでしょう。

こんな風にぐったりしてしまうそもそもの原因は一体何なのでしょうか。

疲れやすさの根本にある理由

1. 他人の顔色と評価に毎日怯えている

子供の頃から、他人(というか鬼毒母)の顔色を読む癖のせいで体力・気力を夕暮れには95%くらい消耗していました。未だに「人にどう思われたか」過剰に気になる性格のため、気遣いで気疲れしやすく脳疲労が溜まりやすいタイプです。人より長く眠り、人より少なめに働かないと生きられないのです。

夜更かしをしたり、栄養ドリンクを飲みながら長時間労働をすると、舌が不随意運動を起こし歯を押し続けるチック(?)とイライラが止まらなくなります。

2. 世間体と自分の幸せに葛藤している

・パート(非正規雇用)であること
・30歳独身女であること
・一生独身女であること

万が一、という可能性はここではカウントしないことにします。私は基本的に結婚はしたくないんです。

私のような自己肯定感のない女は、結婚したらモラハラ男に搾取され、魂を24時間牢獄に繋がれるようなものだと思います。

結婚にメリットを感じません。かといって一人で生き抜ける心の強さも金銭的余裕もあるかと言われると…うーん。

なぜ月12万のパートで働いているかは以下の記事をご参照ください。
www.tsuki12life.com

3. 生活費を月8万に設定している

生活費月8万(家賃込みトータル)を目指すのは少しストイックかもしれないですねぇ…。生活する楽しみがなくなってしまいます。無理な数字ではないのですが、少し見直してみます。

4. 一日中PC作業で全身凝り固まる

視神経、肩、腰、背中、もうボロボロです。もちろんマッサージ行くお金ない!( ;∀;)

ストレス体質の自分を騙しながら生きてきた

10代の頃から、時には服を大量買いし、時には大盛りカレー牛丼を食べ生き延びてきました(大げさ)。
でももう金銭的にどっちもできないから、ストレスと向き合うしかないです。
何をするのが良いんだろうな…良い解決法あったらまた書いていきます。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村