独身パート女・手取り月12万、家を出る。

親子共依存から抜け出して、自分自身の人生を生きよう!貧乏でも楽しく一人暮らしするブログ。

【快適】家賃2万8千円の格安ワンルームに引っ越してみた感想

f:id:bipolar-yuri:20190819195454j:plain
こんばんは、毒親育ちの独身ワープア女ゆりです。親子共依存から抜け出して幸せを掴むことが30歳からの人生のテーマです。

さて今回は、家賃2万8千円の格安ワンルームに引っ越して感じたことを書いていきたいと思います。引っ越した部屋は一般的な格安物件と比べて、とても快適だなあと感じています。

家賃相場と格安物件

私が住んでいるのは首都圏ではなく、西日本最大都市である大阪です。東京に比べたら家賃も物価も安いイメージがある大阪ですが、それでも家賃3万以下というと格安と感じます。正直、不動産屋に足を運んだときはまず見つからないだろう、と思ってました。

家賃相場については大阪市内でも区によってバラつきがあるのですが、私の住んでいる区のワンルーム相場は不動産屋のサイトに家賃4万円台と記載がありました。

ちなみに最も高いのは大阪市中央区(グリコの看板がある有名なところ)のワンルーム6万円台〜だそうです。

格安物件にありがちなデメリット

私はパート手取りが月12万なので、「3万以下の物件」という条件を最優先に部屋を探しました。3万円以下に該当する物件をいくつか内覧したわけですが、「ここはちょっと住めないなぁ…」と思った物件をあげていきます。

・駅から徒歩15分以上
・エレベーターなしの5階=ものすごく古い
・某「事故物件サイト」に載っている
・共同玄関

「共同玄関」ってご存知ですか?私は初耳でした。その名の通り、みんなで玄関を使うアパートで同じ玄関にくつを脱いで、その先にドアがあります。つまり部屋の間取りの中に玄関がないのが特徴なんですね。

「1~2万台の部屋に多いよー」と不動産屋が言ってました。これは格安でも本当に無理…私一応(生物的には)女性だし…と強く思ってしまいました。

2万8千円ワンルームに住んでみた感想

内覧で上記の怖い思いもしながら(?)、唯一良い物件がありました。即決し、今はそこに住んでいます。住んでみて、格安ワンルームのわりにはかなり快適だと思っています。

〈メリット〉
・駅から徒歩2分
・まさかのエレベーターあり
・スーパーまで20m
・パート先まで電車で5分

〈デメリット〉
・もちろん狭い
・洗濯機はベランダ
・所々壊れている(ヒビや割れなど)

どうでしょう。とにかく立地が良いのです。我慢できる範囲どころか、むしろよくこの金額で住めることになったねラッキー!という感じです。

格安物件に住む最大のメリット

格安物件に住む最大のメリットとはなんでしょうか?それはもちろん家賃が安いこと、毎月出ていく固定費が抑えられることです。
家賃2万8千円は、私のパート手取りの約4分の1、年間にしても年収(額面)の約2割です。そう思うと精神衛生上、とても安心できます。

毒親と離れて暮らしたい、家を出たい…でもパートだったり派遣だったりで収入が不安定…どうせ自分には絶対一人暮らしなんてできないことなんだ。

ずっとそう思ってました。でも変われました。少しだけ踏み出せば昨日の自分を追い越せます。その先に何があるか、考えると怖いから今日もなかなか眠れないけど(笑)、でも…生きている感じがします。実家にいた頃よりずっと。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村